業界動向にいち早く対応し、
ZEH設計の生産性向上と申請効率化を推進

img_saving11.png

2016年はZEH普及元年

2016年度の住宅業界は、グリーン化事業の高度省エネ事業(国土交通省)に加え、ZEHビルダー登録制度の開始、建築物省エネ法の施行、新エコラベルのBELSがスタートしました。2016年はZEH普及元年といわれ、省エネ政策が加速しています。国はZEH普及の目標値に「2020年度に新築住宅の50%達成」を掲げており、国のZEH 普及促進活動は今後ますます本格化し、省エネに関する施主の関心も一層高まると考えられます。


これからの新築住宅のスタンダードに。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

「高い断熱性能」と「省エネ設備」により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現し、さらに太陽光発電等でエネルギーを創ることで、年間の一次エネルギー消費量が正味で“ゼロ”となる住宅のことです。


img_saving12.png

▲このページのトップへ