「耐震」性能が見える

耐震・構造の「見える化」で、安心・安全な家づくりを支援

世界でも有数の地震大国日本。それ故に、住宅検討者が建物性能で重視する項目として「耐震性」が上位になっています。ZEROではプランニング段階から耐震性を考慮した設計が行えるほか、wallstat(木造住宅倒壊解析ソフト)に読み込み、施主様に耐震性を視覚的に分かりやすく伝えることができます。


プランニング段階から構造・安全性を担保する設計を実現
直下率をボタン一つで計算!耐震性を考慮した設計が可能に

過去の事例からその重要性が証明されている「直下率」。昨今のテレビ番組でも多数紹介され、柱壁直下率の高い建物は耐震性が高いと言われています。

直下率をボタン一つで計算!耐震性を考慮した設計が可能に


構造の不備やプレカット架構のポイントをチェック可能

構造上無理のない設計を行うことで、業務の手戻りを防げるだけでなく、梁成も小さくできるので、コスト削減につながります。

 構造の不備やプレカット架構のポイントをチェック可能


話題のwallstatに読み込んで、施主様への説明も容易に
自社で作成した構造図もwallstatで事前チェック

ZEROのデータをCEDXMデータに書き出し、wallstatに読み込み可能です。「躯体」「耐力壁」「床水平構面」「地震用重量」情報が連携されるので、wallstatでの追加入力は最小限で素早く解析を行うことができます。

 自社で作成した構造図もwallstatで事前チェック

「省エネ」性能が見える 「耐震」性能が見える 「空間」が見える

▲このページのトップへ